機材とカメラ

コスプレ撮影のカメラはコンデジじゃダメ?【真面目にやるならNG】

「コスプレ撮影を始めたいけど、一眼レフって高いなぁ…コンデジやスマホじゃダメかな?」

コスプレ撮影をするには当たり前ですが、カメラが必要となります。
ただ実際に買おうと思うと10万円以上が当たり前でなかなか手が出ないですよね。

そこでコンデジ(コンパクトカメラ)やスマホじゃダメなのでしょうか?
結論から言うと、真面目に今後カメラマンとして活動をしていきたいならNGです。
あくまでただ年に数回イベントに来てレイヤーさんを撮る記念撮影ぐらいならできます。

この記事の内容

  • コンデジやスマホではカメラマンになれない3つの理由
  • 実際にイベントにコンデジで行くとどうなるの?
  • 一眼レフを安く買う方法、お試しする方法を紹介

私はカメラマンとして活動してからずっとミラーレスカメラもしくは一眼レフを使っており、コンデジで活動したことはありません。

しかし実際にイベントに参加するとコンデジを持っているために損をしてしまっているカメラマンを見たことを何度もあります。

その理由もはっきりわかりますのでそれを解説しましょう。

 

コンデジではカメラマンになれない3つの全理由!

コンデジやスマホではカメラマンになれないのは以下の理由が挙げられます。

  • 一眼レフとは写真のクオリティの差が大きいから。
  • 写真を期待できないとレイヤーさんから敬遠されるから。
  • スタジオなどの撮影に参加できないから。

それぞれ詳しく解説していきましょう。

一眼レフとコンデジでは写真のクオリティの差が大きいから

そもそも一眼レフとコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)の違いは何なのでしょうか?
主な違いは以下のようになります。

  1. 一眼レフの方が最大画素数や画質に優れたハイスペック志向。
  2. 一眼レフはレンズが交換できること、コンデジはレンズが一体型。
  3. 一眼レフはシャッタースピードなどを自在に設定でき、より写真の表現方法が広がる。

ざっくり言うと、一眼レフの方がメーカーがよりプロ向け、ハイアマチュア向けに作っているので元々のスペックが高い場合が多いこと。

さらにレンズを交換したり、シャッタースピード、ISOなどのカメラの設定をいじれることによって写真で表現できる幅が広いという点があります。

一眼レフとコンデジの違いが顕著に表れるのによく使われるのが、「ボケがあるかどうか」です。ボケとは被写体にしっかりとピントが当たっており、後ろの背景はボケているという一眼レフ独特の表現と言われている写真の撮り方です。

このボケを表現するにはカメラの絞り(F値)を小さくする必要があります。
一眼レフではレンズの交換でよりこの絞り(F値)を小さくすることができます。

コンデジではレンズ交換ができないので、もともと決められた絞り(F値)の範囲内でしかできません。
これができるかどうかが、よく一眼レフとコンデジの違いの例として言われます。

今紹介した「ボケ」は違いを表す一例に過ぎません。これ以外にもカメラでの設定方法の細かさやレンズ交換によってより撮れる写真の幅の違いがあります。

もちろんコンデジでも非常にハイスペックな機種も販売されています。
特に最近では一眼レフと値段も変わらないような機種もあります。

ただ1万円程度で買えるようなコンデジと10万円以上する一眼レフでは、大きく違いが出てしまうのは仕方ないことですね。

「写真が期待できない」とレイヤーさんから敬遠される

イベントやスタジオなどでどうしてカメラマンが必要になるかを考えてみましょう。
それはレイヤーさん側も「キレイな写真を残したい」「作品を表現した写真を残したい」と思っているからです。まずカメラマンはそこが求められています。

そんな時に、一眼レフを持ったカメラマンとコンデジを持ったカメラマン。
どちらがクオリティの高い写真を期待できるでしょうか?世間的なイメージはどう考えても一眼レフを持ったカメラマンではないでしょうか。

そういった意味でも一眼レフを持って活動をするか、コンデジで活動するかでだいぶイメージが変わってしまいます。わかりやすく言うとコンデジを持っているカメラマンはあくまで記念撮影に来ているので「写真は期待できない」と思われています。

スタジオ撮影に参加できない!

Twitterなどでレイヤーさんがカメラマンを募集していることがあります。
その条件の中によく書かれているのが「一眼レフやミラーレスカメラを扱えること」と書かれています。
もっとしっかりと「コンデジやスマホでの参加は不可」と書かれていることもあります。

つまり一眼レフを持っていないとスタジオでの撮影には参加できません。
スタジオに行けないとコスプレのカメラマンの活動の幅は大きく狭まってしまいます。

なぜコンデジは敬遠されるの?

ここまで説明してきた通り、どうしてもコンデジでは被写体となるレイヤーさんに敬遠されがちです。でもどうしてここまでなってしまったのかというとこれは前例があるからです。

コスプレイベントには色々な人がいます。正直不審な人や大丈夫かなと思うような人もいます。そうした一部の参加者がコンデジを使っていることが多かったのです。

なのでレイヤーさんが自衛のために、コンデジでの撮影を敬遠するようになってしまいました

もしかしたらあなたはコンデジでも真面目に活動しようとしていたかもしれません。
気分を悪くしてしまうかもしれませんが、そういう前例があるためにコンデジでの撮影者は敬遠されがちですし、スタジオでの撮影は断られてしまうのです。

実際にコスプレイベントにコンデジで行くとどうなる?

ここまでコンデジでの撮影はレイヤーさんに敬遠されがちなことを説明しました。
それでは実際にコスプレイベントにコンデジで撮影に行くとどうなるのでしょうか?もしかしたら撮影を断られたりするのでしょうか?

結論から言うとほとんどの場合、撮影は受けてもらえるでしょう。

「あれ?意外?」と思われるかもしれませんが、この点はレイヤーさんに感謝ですね。ほとんどの場合、撮影を受けてもらえます。
実際に断られている場面はあまり見かけません。

ただしこれはあくまで10枚前後の撮影を行う場合です。
もしコンデジで10枚を超えるような長い時間の撮影やポーズの指定などを行った場合は、断られたり、撮影の終了を促される場合があります。

また例えばその後、TwitterIDなどから挨拶やフォローに行っても、フォローをもらったり、写真が使われる(Twitterにアップしてもらえる)ことは少なくなるでしょう。

あくまでコンデジで参加している人は「記念撮影に来た人で、今後撮影を依頼するような対象ではない」と思われてしまうことが多いでしょう。

もちろん一眼レフで行ったからと言って、長時間撮影やポーズの強要をしていいわけではありません。そのあたりはこちらの記事にまとめていますので参考にしてくださいね。

 

あわせて読みたい
【完全保存版】コスプレイベントで撮影する時のマナーと流れ!「コスプレイベントに参加したいけど、どうやって撮影したら良いかわからない…」 今回はそんな疑問にお答えします。 前回の記事でコス...

 

【まとめ】コスプレカメラマンとして真面目に活動したいなら一眼レフがおすすめ!

コンデジでカメラマンとして活動するのはおすすめしない理由を解説してきました。
もし今後コスプレ撮影を行うカメラマンとして活動したいなら、一眼レフを購入して使いこなせるようになることをおすすめします。

一眼レフを覚えて、撮影できる写真の幅を広げて、よりキレイに撮れたり、作品の世界観を表現できるようになれば、もっともっと活動の幅が広がります。
レベルアップや自分の好きな作品が撮影できる嬉しさはコスプレ撮影の魅力です。

とはいえ一眼レフはなかなか高価で手が出ないという方もいるかもしれません。
今は価格帯もピンからキリまでありますし、中古という手もあります。
自分の予算の範囲内で、手が届く機種を探してみてはいかがでしょうか?

一眼レフを安く購入できる方法として楽天市場での購入をおすすめしています。
ポイントでの還元を考えれば、小売店で買うより10~20%安く買える方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【カメラマン必見】楽天を活用してコスプレ撮影の機材を安く買う方法「カメラやレンズって高い…少しでも安く買う方法はないかな…」 「ストロボとかの撮影機材ってなかなか売ってないけどどこで買えばいいの…?...

また「本当に自分に使えるようになるのかな?」「買った後に後悔したらどうしよう?」という方には、まずはレンタルしてみるのも一つの手かなと思います。

一眼レフを短期間レンタルしてみて、実際に使ってみてから購入するという流れなら失敗も少ないでしょう。

ぜひ一眼レフを使ってみて、コスプレ撮影の本当の楽しさを体験してみてくださいね。

あわせて読みたい
一眼レフカメラ・レンズを買わずに試せる裏技!レンタルを活用しよう 「あのカメラ…気になっているけど本当に買っても大丈夫かな…?」 「レンズって高いな…買ったあとに失敗したらどうしよう…?」 ...

カメラマンの始め方関連記事

あわせて読みたい
コスプレのカメラマンになるには?|必要なものは3つだけでOK! 「コスプレ撮影するカメラマンとして活動したいけど、何を準備すれば良いの?」 この記事ではそんな疑問にお答えします。 イベント...
あわせて読みたい
コスプレ撮影におすすめのレンズは?【初心者はまず2本でOKです】 「コスプレ撮影に使うレンズはどんなものを使えば良いのかな…?」 カメラ用のレンズって本当にいろいろな種類がありますよね。 特...