機材とカメラ

RawとJPEGの違い!コスプレ撮影使用時のメリット、デメリット

一眼レフやミラーレスカメラにはRaw(ロウ)とJPEG(ジェイペグ)、2つの画像形式があります。

馴染みがあるのはJPEGですよね。パソコンで見る画像形式と言えばJPEGです。
一方、「写真はRawで撮った方が良い!」と言われているのを聞いたことがある人も多いでしょう。

もしRawで撮った時の方が良い写真を残せるなら、ぜひ活用したいものですよね。
今回はRawとJPEGの違いとメリット、デメリットについて解説します。

難しい話は置いておいて、ざっくりとわかりやすくまとめていきますね。

また合わせて「コスプレ撮影時ではどうなの?」の視点も考えながら解説していきます。

Rawは完成前、JPEGは完成品というイメージでOK!

RawとJPEGの違いをざっくり簡単にいうと

  • Raw…多くのデータ量が記録された重たい画像データ。現像によるレタッチができるが、JPEG変換が必要。
  • JPEG…見やすく軽いデータに圧縮された画像データ。レタッチは微修正のみ可能。

もっと簡単に言うとRawは現像が必要な完成する前のデータJPEGは現像後の完成データというイメージになります。

Rawって何?もっと詳しく!

Rawはカメラのセンサーがとらえた光をそのまんま映し出したデータです。
JPEGが8bitであるのに対して、Rawは14bitという膨大なデータ量になっています。

ただしこれだけのデータ量があっても、人間の目には8bit分のデータしか映りません。Rawで撮ってもJPEGで撮っても見た目上は違いは無いのです。

しかしRawで撮影するメリットは14bit分の幅の中から現像を通じて、自分の好きな設定で写真を仕上げられることにあります。

ここでいう幅というのはコントラストや彩度、明るさ、色合いなどのことです。
これらを現像を通じて大きく手直し、修正できるのがメリットとなっています。

ちなみにJPEGデータでもこれらの手直しはできますがやればやるほど画質が悪くなってしまいます。

Raw現像とは、14bitのデータ量の幅の中から「8bitのJPEGに画像を仕上げていく作業」になります。

PhotoshopやLightroom、またカメラメーカーのアプリを通じてJPEGへの変換を行います。

コスプレ撮影で送るのはRawかJPEG、どっち?

まず前提としてコスプレ撮影においてはほとんどの場合、Rawデータをそのままレイヤーさんに送ることはありません。あまりにデータ容量が重すぎるし、Rawデータを扱えるレイヤーさんはほとんどいないからです。(希望があった場合は送ります。)

Rawは必ず現像を通して、JPEGに変換してから送ることになります。

 

コスプレ撮影におけるRawのメリット、デメリット

RawとJPEGそれぞれのメリット、メリットに関してまとめていきましょう。

Rawデータのメリットは

  • 自分の好きなようにデータを修正できる。
  • 露出、色合いなどを後から修正できる。
  • 修正をかけても画質が落ちることが少ない。

Rawデータのデメリットは

  • データ容量が大きく、メモリーカードの容量が必要になる。
  • 現像には専用のアプリとスペックの高いPCが必要。
  • 修正、加工等をしっかり行うには慣れと技術が必要。

となっています。

撮影後でもある程度好きなように修正や加工ができるので、表現の幅が広がるのがRawデータの最大のメリットです。

デメリットとしてはデータ容量がとても大きく大容量のメモリーカードが必要となります。16GBや32GBなどのメモリーカードではすぐにいっぱいになってしまいます。

またスペックの低いパソコンでは、取り込みや現像を行うだけでも時間がかかります。

使いこなせば作品表現において大きな武器になるが、使いこなすには技術とスペックの高いパソコンが必要。というのがRawの特徴になります。

JPEGデータのメリット、デメリット

続いてJPEGデータのメリット、デメリットです。

JPEGデータのメリットは

  • 画像データとして共通の様式なので、誰でも扱える。
  • データ容量が軽いので送付しやすい。

JPEGデータのデメリットは

  • 修正、加工を加えれば加えるほど画質のアラが目立つ。

となっています。

 

コスプレ撮影におけるRawとJPEGの使い分け!

RawとJPEGのそれぞれの特徴を説明しました。実際に撮影を行う時にはどう使い分けると良いのでしょうか?

一言で言えば、慣れないうちはJPEGでの撮影を意識すればOKです。

Raw現像に関しては確かに後から修正、加工できる技術があれば大きなメリットとなります。ただし初心者にとってはRaw現像の技術を覚えるよりも、まずはなるべくそのまま使えるような写真を撮影するための技術を勉強した方が良いでしょう。

ある程度の撮影技術を磨いてから、さらに作品の表現の幅を広げたいと思った時に、Raw現像の技術を覚えるようにすると良いでしょう。

その時はRawだけで撮影するのではなく、ほとんどのカメラにはRaw+JPEGの2つのファイルで写真を残してくれる保存形式があります。

データの容量は大きくなりますが、両方を保存しておき、その中から一部を選んで現像を試しで行うところから始めるのがおすすめです。